MY-DISC-OVERY

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CHARLIE PARKER and his ORCHESTRA

probably 'Mercury Studio', NYC, Tuesday, June 6, 1950. CR: Mercury Records.
Dizzy Gillespie(tp); Charlie Parker(as); Thelonious Monk(p);
Curly Russell(b); Buddy Rich(ds).

C-412-6 Mohawk (C.Parker) 3:34

78 rpm (SP) J.A.T.P (Swe) G-5018

JATP G-5018
Norman Granz presents Jazz At The PhilharmonicとTPロゴを使用したスエーデンのSP J.A.T.P レーベルからパーカー作のブルース"Mohawk" を紹介しました
CHARLIE PARKER and his ORCHESTRA

NYC, Wednesday, January 17, 1951. CR: Mercury Records.
Miles Davis (tp); Charlie Parker (as); Walter Bishop Jr. (p); Teddy Kotick (b); Max Roach (ds).

C 492-2  Star Eyes

78rpm (SP)   Austroton (G) 5192V

AUSTRON 5192

65年前の1月、マーキュリー/クレフに録音された演奏4曲から、スター・アイズを珍しいドイツ盤のSPで聴いていただきます。

The Bud Powell Trio with Charlie Parker and Candido
Bud Powell Birdland 1953 (ESP-Disk' [G] 4073) 3CD
Charlie Parker (as); Bud Powell (p); Charles Mingus (b); Art Taylor (ds); Candido (cga).
"Birdland", NYC, May 30, 1953


Cheryl    7:06

2014年3月22日付けの番外編で紹介しました、ESP-Disk の3枚組CDからパーカー作の”Cheryl”を。
すでに紹介したように、1953年のパウエルは1年半の入院生活から戻り、NYCのバードランドに出演し、その内容はボリス・ローズのエア・チェックから、各種レーベルで発売されておりますが、このESP盤は、エア・チェックではなく直接放送録音ブースから録音したものです。当然音質は良くなっております。


Budcover.jpg
ESP-Disk ESP4073 (3CDs)




Charlie Parker with the Milt Jackson Quartet

Charlie Parker (as); Milt Jackson (vib); John Lewis (p); Percy Heath (b); Kenny Clarke (ds); Bob Garrity (m.c.).
recorded at Birdland, NYC, on November 1, 1952.

   Embraceable You - 52nd Street Theme 3:28

MARK GARDNER(UK) MG101BALLADS AND BIRDLAND

 

1970年イギリスのパーカー・コレクター、Mark Gardnerさんがパーカー・ファンのために99枚限定プレスした貴重なLPです。その中から1952年11月1日にNYCのクラブ・バードランドに出演した際の音源です。当時のパーカーは、決まったメンバーは持っておらず、その場その場でサイドメンをピックアップして演奏していました。この日はモダン・ジャズ・カルテットとの共演です。これまでミルト・ジャクソン・カルテットとして活動してきたが、この年の12月22日にモダン・ジャズ・カルテットとして最初の吹き込みをプレステッジにしております。

このLPは、のちにガードナーさんのレーベル、KLACTOから同じMG-101として再発しますが、輸入したヤマハ楽器は5000円で販売します。さらに1972年日本から東芝EMIがこのLPを含めKLACTOレーベルの3枚を箱入りセットとして発売します。


MARK GARDNER(UK) MG101 BALLADS AND BIRDLAND 1970

Charlie Parker (as); Duke Jordan (p); Charles Mingus (b); Phil Brown (ds); Bob Garrity (m.c.).
A1 Ornithology
A2 52nd Street Theme

recorded at Birdland, NYC, on November 1, 1952.
Charlie Parker (as); Milt Jackson (vib); John Lewis (p); Percy Heath (b); Kenny Clarke (ds); Bob Garrity (m.c.).
A3 How High The Moon
A4 Embraceable You
A5 52nd Street Theme

recorded at the Café Society, NYC, on May 23, 1950. (1950/06--07/00)
Kenny Dorham (tp); Charlie Parker (as); Tony Scott (cl -v, w); Al Haig (p); Tommy Potter (b); Roy Haynes (ds).
B1 Bewitched
B2 Summertime
B3 I Cover The Waterfront
B4 Gone With The Wind
B5 Easy To Love
B6 52nd Street Theme

recorded at the Café Society, NYC, late May 1950. (1950/06--07/00)
Kenny Dorham (tp); Charlie Parker (as); Tony Scott (cl -v, w); Al Haig (p); Tommy Potter (b); Roy Haynes (ds).
B7 52nd Street Theme
B8 Just Friends
B9 April In Paris

"I´m Getting Sentimental Over You (inc.)" (G. Bassman-N. Washington) 3:28
Opening theme, vocal chorus, Parker solo, vocal (fade out)

1941, February 06. Kansas City, MO.
Jay McShann and his Orchestra:
Charlie Parker (as); Bernard "Buddy" Anderson (tpt); Orville "Piggy" Minor (tpt); Harold Bruce (tpt); Joe Taswell Baird (tb); John Jackson (as); Harold Ferguson (ts); Bob Mabane (ts); Jay McShann (p); Gene Ramey (b); Gus Johnson (d); Joe Coleman (voc).

2012年に発見されたこの音源、マスターはミズーリ州カンザスシティー大学のジョン・B・Tuminoコレクションです。曲は不完全で、程度の悪いアセテート盤からでノイズも多くあるが、それはリラックスしたテンポでパーカーの美しい32+4小節のソロを含んでいます。
9月初旬、ドイツのコレクターとトレードで入手した音源です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。