MY-DISC-OVERY

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CHARLIE PARKER QUINTET

WOR Studios, New York City, Tuesday, October 28, 1947.
Supervision: Ross Russell.

Miles Davis(tp); Charlie Parker(as); Duke Jordan(p); Tommy Potter(b); Max Roach(ds).

 Embraceable You (tk-A)  3:47  Swing(F) 397


swing397a.jpg


 フランス盤のswingは、Blue Star, Vogue とともに米国のインディー・レーベルの中からパーカー関連は、Guild, Apollo, Dial を輸入し国内でリリースしています。スイング盤SPはこの3つのレーベルから12枚リリースしました。今月初め欠けていた3枚の入手に成功し、今現在判明しているものはすべて入りました。今日は、故大和明さんが、パーカーの最高の演奏と言い続けてきた"エンブレイサブル・ユー"のAテイクを聴いていただきます。近いうちにBテイクも聴いていただきたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。