MY-DISC-OVERY

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JAZZ AT THE PHILHARMONIC Vol.2

Concert, 'Philharmonic Auditorium', Los Angeles,CA., Monday, January 28, 1946.
Al Killian, Howard McGhee (tp); Charlie Parker, Willie Smith (as); Lester Young (ts); Arnold Ross (p); Billy Hadnott (b); Lee Young (ds).


D241/242 Blues For Norman pt.1/2 8:32
12jatp2-2.jpg

mercury11023redwax.jpg



月遅れとなってしまいましたが12月のMy-disc-overyです。
1946年1月28日ノーマン・グランツがロスのフィルハーモニック・オーディトリアムで開催したJATPのセッション。前年暮れからビリーバーグに出演のため西海岸に来ていたパーカー・ガレスピーらに出演依頼をしたグランツ。このコンサートの終了後にビリー・バーグに戻らなければならなかった二人だが、途中ガレスピーだけが戻り、パーカーは残ってしまった。コンサートでは、最初のThe Man I Loveではパーカーは、薬の調達のためか不参加。
次のSweet Georgia Brownには間に合っています。2ndコンサートの4曲と合わせ都合5曲を演奏しています。これらは最初Disc Recordsが12インチ盤4枚と10インチ盤1枚でリリースした。しかし材質の悪さからノイズの多いレコードとなった。後に12インチ盤は音の良いイギリスのメロディスク盤でリリースされた。ところがアメリカ・マーキュリーが12インチ盤2枚組アルバムで、Blues For NormanとI Can't Get Startedのvol.2をリリースしていました。レコード番号は11023と11024で、1986年に発行されたMichel Ruppli氏のクレフ・ヴァーヴ・ディスコグラフィにはこの番号は空欄になっている(このシリーズは全て10インチ盤)、というように極めて珍しい盤です。それに加え、このうちの一枚11023番のレッドワックス盤を見つけ入手しました。音の良さは間違いありません。今日はこの赤盤でBlues For Normanを聴いていただきました。


毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト
CHARLIE PARKER QUINTET

WOR Studios, New York City, Tuesday, October 28, 1947.
Supervision: Ross Russell.

Miles Davis(tp); Charlie Parker(as); Duke Jordan(p); Tommy Potter(b); Max Roach(ds).

D 1105-C  Bird of Paradise

78rpm (It)   CELSON (I) QB-7067



今月も珍しいイタリア盤です。裏面は“DEXTERITY”です。Bird of Paradiseは、ダイアル・オリジナルはテイクAおよびCがSPで発売されました。
CHARLIE PARKER QUARTET

'C.P. MacGregor Studios', Western Avenue near 8 st., Hollywood, CA.,
Wednesday, February 19, 1947. Supervision: Ross Russell.

Charlie Parker (as); Erroll Garner (p); Red Callender (b); Harold "Doc" West (ds);.

D 1054-D  Cool Blues  2:50

78rpm (SP)   TONO (Da) BZ-19003



デンマークのTONO Recordsの一枚。ダイアル・レーベルをフランスのBlue Star経由で輸入し販売。レーベルにはBlue Star Serien と表示しております。私の手元には5枚ありますが、もっとリリースされたんではないでしょうか?。 このクール・ブルースはテイクDで、ダイアルはSPでのリリースはしておりません。したがってブルースター盤、イタリアCelson盤、スエーデンCupol盤、イギリスのEsquire盤は全てテイクDです。ちなみにテイクAはHot Blues, テイクBはHot BluesまたはBlowtop Blues、テイクCとDはCool Bluesというタイトルが付けられました。
CHARLIE PARKER QUINTET

WOR Studios, New York City, Tuesday, Nobember 4, 1947.
Supervision: Ross Russell.

Miles Davis(tp); Charlie Parker(as); Duke Jordan(p);
Tommy Potter(b); Max Roach(ds).


D 1116-A  Don't Blame Me

78rpm (SP)   HISTORY OF JAZZ (I) HOJ-75



イタリア盤の珍しいレーベルです。裏面は”Lover Man”です。
CHARLIE PARKER and his ORCHESTRA

probably 'Mercury Studio', NYC, Tuesday, June 6, 1950. CR: Mercury Records.
Dizzy Gillespie(tp); Charlie Parker(as); Thelonious Monk(p);
Curly Russell(b); Buddy Rich(ds).

C-412-6 Mohawk (C.Parker) 3:34

78 rpm (SP) J.A.T.P (Swe) G-5018

JATP G-5018
Norman Granz presents Jazz At The PhilharmonicとTPロゴを使用したスエーデンのSP J.A.T.P レーベルからパーカー作のブルース"Mohawk" を紹介しました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。